プロフィール

みなさま、はじめまして。ブログ運営者のまこと申します。

2020年3月までは、国語教員として公立中学校に勤務しておりましたが、現在は主婦となり、本ブログを開設しました。

このブログでは主に、元教員の視点から

  • 教員を目指している方
  • 中学生のお子様をもつ保護者の方

役立つ情報を発信するをモットーに、日々更新をしています。

このブログのタイトルは、「教育・教員」と「レクチャー」をかけています。

きょうれくのタイトル

教員や教育についての情報を、現場を見たからこそわかる視点で詳しく説明したいなという思いからつけました。

 

 

基本情報

まこの普通の表情

名前:まこ

年齢:20代

略歴:国立大学教育学部→私立中学校講師勤務→公立中学校勤務→結婚・退職→ウェブライター兼ブロガー(今ここ)

所持している教員免許

  • 小学校一種
  • 中学校国語一種
  • 高等学校国語一種
  • 高等学校書道一種
教員免許の画像

 

好きなこと:音楽鑑賞(洋楽メイン)、アニメ鑑賞、映画鑑賞、ドライブ

ブログ開設までの歩み

ブログを開設するまでの歩みを簡単にまとめてみました。

まこ
まこ
ブログを始めるきっかけは"挫折"でした。

夢は中学校教員!意識高い系の大学生

大学は、中学校の頃からの目標だった教員になるために、教育学部がある大学に進みました。

とにかく、先生になるために役に立つことはすべてやるという感じでした。

  • 教育実習に誰よりも全力投球
  • アルバイトは塾
  • 教育ボランティアとして、中学校に頻繁に勉強を教えに行く

このような感じで、大学生の時は遊びまくったというよりは、先生になるための準備期間だと思って、勉強のために忙しい毎日を送っていました。

まこ
まこ
今振り返ると、真面目過ぎたな~と思います。あまり大学生らしい大学生ではなかったですね。

気合十分で受験した教員採用試験に不合格!人生一の挫折

先生になるために、意識高く勉強して挑んだはじめての教員採用試験。

やれることはすべてやって、正直手ごたえもありました。

しかし、結果は不合格…

教員採用試験とは?

  • 公立学校の教員になる場合には、都道府県単位で行っている教員採用試験を受験します。合格すれば、晴れて正規の教員として採用になります。
  • 不合格になってしまった場合には、講師として公立学校に勤務することもあります。(待遇面で正規の教員とは少し差があります)
  • 私立学校の教員採用の場合には、学校単位で受験を行っています。自分で履歴書を出して申し込みます。

人生一の挫折で、ひどく落ち込みました。

教員になるために気合を入れてやれるべきことはすべてやったつもりなのでなおさらです。

教員になる前から、「あなたは教員に向いていない」といわれているようで、悲しかったですね…

まこ
まこ
落ち込みすぎて、引きこもった時期もありました…

私立中学校で常勤講師として勤務。自分の生き方を見つめ直す

公立学校の教員採用試験に不合格になり、新卒1年目、私は私立中学校で常勤講師として勤務することになりました。

この時、私はもうすっかり自分のことも信じられず、自信も失っていました。

まこ
まこ
正直、社会人1年目は精神的にボロボロでした。フレッシュな新卒1年目という感じではなく、後から同僚に聞いたところ、何か影がある感じに見えていたようです(笑)

ですが、私立学校での勤務が、傷心した私の心を癒してくれるような良い経験になったのです。

同僚の先生や生徒たちに恵まれて、私のことを信頼して仕事を任せてくれたり、私を教員として認めて接してくれたりする人とたくさん出会いました。

すっかり失っていた教員としてやっていく自信を少し取り戻せたような気がしましね。

挫折から気がついた本当に大事なこと

私は正直、教員採用試験に不合格になるまでは、人生の中でこれといった大きな失敗も挑戦もなく過ごしてきました。

それどころか、「努力すれば失敗しない」「できないのは頑張っていないからだ」「頑張れば結果がついてくる」と、失敗したりできなかったりすることは、努力や頑張りが足りないからだと思っていました。

しかし、自信のあった教員採用試験で不合格になったことで、はじめて挫折を味わい、それまでの自分の考え方が全部覆りました。

ただがむしゃらに頑張ることが大事なのではなく、
「自分に合った方法や道をみつけること」が大事だということにはじめて気がついたのです。

教員採用試験で失敗したり、本来は選択肢として考えていなかった私立教員として勤務してみたりして、人生の選択肢はたくさんあるのだと気がつきました。

いい意味で肩の力を抜いて、柔軟性をもって生きる大切さを私立中学校に勤める過程で気が付くことができましたね。

まこ
まこ
このあたりから、教員以外の仕事や教員でいること以外の人生を意識するようになりました。

人生の選択肢はたくさんあると気がついて、以前より考え方が柔軟になった気がします!今ブログをはじめたのも、挫折から学んだ経験を今困ってる方に向けて発信したいという思いが強くなったからですね。

教育現場を経験。「本当にいい教育ができているのか」日々自問自答

教員採用試験合格後、私は私立中学校から公立中学校に行きました。

そこで待っていたのは、教育に対しての自問自答の日々でした。

  • 自分のやりたかった教育ってこれなのか?
  • 生徒一人ひとりの可能性を伸ばせているのだろうか?
  • このままの授業を続けて、時代の流れに対応できる能力を育めるのだろうか?

やはり教員は組織の一員ですから、自分の思ったような教育がすべてできて、自分がいいと思ったようなことがすべて言えるわけではありません。

特に公立学校時代には、子どもたちをワンランク引き上げるような授業や良さをさらに伸ばす教育ができない歯がゆさを感じることが多かったです。

まこ
まこ
現場で子どもたちと直接接することも大事ですが、今の時代は、教員以外からでも教育にアプローチする方法があると考えるようになりました。

自分が本当にいいと思ったことやいいと思ったものを伝えていける場があればと思いましたね。

教員以外の道から教育に少しでも関わりたいと考え、ブログを開設!

2020年。結婚を機に教員をしていた地から離れることになり退職。

今度は教員という職業以外から教育に携わっていきたいと考え、ブログを開設しました。

教員時代に出会った今時の生徒たちは、ネットやSNSから教育関係の情報を多く得ていました。(時代の流れですね)

そこで、ブログを開設すれば、自分の経験や学びが少しでも役に立つのではないかと考えたのです。

教育関連の知って得する情報や、現場を見たからこそわかるウラ話などをブログ内でどんどん発信できればいいなと思っています。

また、教員採用試験に不合格になった経験から、教員を目指す方に有益な情報もお伝えできればいいなと思っています。

このブログで特に発信したいこと

このブログでは、
元中学校国語教員
教員採用試験不合格経験者
私立教員・公立教員経験者
という視点を生かし

  • 教員採用試験対策
  • 教員の生活
    (私立教員・公立教員)
  • 中学生の勉強

などの情報を中心に、分かりやすくお伝えしていきたいと思います。

このブログを見てくださったみなさまのお役に立てる記事をお届けしていきます!

まこ
まこ
よろしくお願いします。