中学生 成績

【知らなきゃ損】中学生が確実に内申点を上げるたった一つの方法

この記事では、中学生が確実に内申点を上げる方法についてお話ししたいと思います。

この記事を書いた人
まこ
まこ
元中学校国語教員。公立中学校と私立中学校での勤務経験あり。中学生に本当に役立つ勉強の知識をわかりやすく厳選してお届けします!

中学校に入ると、よく「内申点」という言葉を聞くようになると思います。

内申点は通知表の評定のことです。通常1~5の5段階評価でつけます。

ところで、この内申点、どのような仕組みでつけているかみなさんご存じでしょうか?

内申点には「授業態度や宿題など、様々な要素が大事だよ」とよく言われています。

しかし実は、確実に内申点を上げるためには、たった一つのことをできるようにすればOKなんです。

この記事では、実際に中学校教員として内申点をつけていた私が、内申点のつけ方や内申点を上げる方法をお教えしようと思います。

まこ
まこ
この記事を読むと、基本的な内申点の付け方を知ることができ、内申点を上げる確実な方法を学べますよ!

 

そもそも内申点とは?なぜ重要なの?

そもそも内申点とは?なぜ重要なの?

内申点は、通知表の評定のことを指します。

だいたい1~5の5段階評価です。

そしてこの内申点は、高校受験に提出する内申書にも記載されます。

各教科ごとに学期ごとに出された評定を平均したものを学年末に算出し、内申書に記載します。(5段階評価×9教科=満点45点)

内申書は、高校受験の際に受験者の学力を見るときにとても重要な役割を果たします。

しかも内申書に載る内申点は中学1年生の学年末平均のものから載るので、中学校生活全体において内申点をしっかりととる取り組みが大切です。

まこ
まこ
つまり、1年生の時から通知表の評定をしっかりとっていくことが、高校受験対策にもつながります。

 

内申点の付け方

内申点の付け方

では、内申点はどのようにつけるのでしょうか。

内申点の付け方をイメージ図にすると次のようになります。

内申点の仕組み

内申点は、定期テストの点数をベースに、あとは小テストの結果、宿題などの提出物の状況、授業態度などをプラスやマイナスして決めます。

つまり、定期テストの点数がとれていなくて、授業態度や提出だけを頑張っていても、高い内申点をとることはできないということです。

まこ
まこ
この内申点の基本的な付け方の仕組みを知らずに、授業態度や宿題のみを頑張る子がいますが、定期テストができなければ高い内申点にはつながりません。

 

例えば、定期テストが評定5をつけられる点数で、小テストの点数と授業態度が評定4の点数だったとしましょう。

この場合だと平均すると4.5で、定期テストの点数がとれているので評定5をつけることができます。↓↓↓

しかし次のような場合はどうでしょう。定期テストは評定3の点数ですが、他の要素が評定5をつけられる場合。

評定を平均すると同じく4.5なのですが、定期テストの評定が優先されるので、つけられても評定4までになります。↓↓↓

つまり小テストの点数、提出物、授業態度は、あくまでも定期テストの点数に+アルファで考えられる要素なんですよね。

まこ
まこ
中学校の内申点は、定期テスト重視でつけられているんですね。

 

スポンサーリンク

中学生が確実に内申点を上げるたった一つの方法

中学生が確実に内申点を上げるたった一つの方法

ここまでで、中学校の内申点は定期テストの点数をベースに決めていくことをお話ししました。

ですので、中学生が確実に内申点を上げるためには

定期テストで点数をとる

これしか方法はありません。

 

定期テストの勉強をするときには、以下の3点に気をつけて対策するといいです。

使用する教材は学校のワークや教科書だけでも十分に対策できますよ。

定期テストの勉強で気をつけること

  • 覚えていないと解けない語句の暗記は徹底して行う
  • 間違えた問題を中心に、ワークの解き直しを行う
  • 副教科も内申点に入るので、手を抜かずに勉強する

 

小テスト、提出物、授業態度も、もちろん大切

「中学生の内申点は、定期テストの点数をベースに決める」というお話をすると

じゃあ、定期テストさえしっかりやっていればいいの?

という意見があるのですが、それは違います

 

定期テストのテストの点数がいくら良くても、授業態度や提出物の状況がよくなければ、評定5をつけることはできません。

反対に、頑張ったのに定期テストの点数が悪かったという場合でも、授業態度や提出物の状況が良ければ加点することが可能です。

小テスト、提出物、授業態度は内申点を最終的に決定づける重要なポイントになりますので、しっかり取り組みましょう。

 

まとめ

この記事では、中学生の内申点の上げ方についてお話していきました。

内申点は、定期テストの点数をベースにつけていきます。

ですので、一回一回の定期テスト対策をしっかり行い、確実に点数をとっていくことが大切です。

このブログでは、勉強法などについても詳しく解説していますので、ぜひテスト対策に役立ててみてください。

【元教員解説】中学生が定期テストで点数を取れない理由は2つ!対処法も紹介
【元教員解説】中学生が定期テストで点数を取れない理由は2つ!対処法も紹介「定期テストで点数が取れない」「勉強しているはずなのに点数が伸びない」このように悩んでいる方はいませんか?実は定期テストで点数が取れないのはたった2つの理由が原因なのです。この記事では、点数が取れない原因を対処方法を説明していきます。...
【簡単で効果的】元中学教員推奨!中学生の定期テストの勉強法
【簡単で効果的】元中学教員推奨!中学生の定期テストの勉強法中学生の定期テストの勉強法について、元中学校教員が解説しています。定期テストの勉強は、学校の教材を使って、たった2つのことに注意するだけで簡単・効率的に行うことができます。...
【中学生】勉強しても成績が上がらない!3つの原因とは?対処法まで徹底解説
【中学生】勉強しても成績が上がらない!3つの原因とは?対処法まで徹底解説「勉強しているはずなのに成績が上がらない!」このように悩んでいる中学生は多いと思います。この記事では、成績が上がらない原因を3つ紹介します。具体的な対処法も説明していますので、ぜひご覧ください。...
まこ
まこ
最後まで見ていただき、ありがとうございました!