中学生 成績

国語力と読書に関係性はあるのか?【元国語教員が徹底解説】

国語力と読書の関係性

みなさまは

「国語ができるようになりたいなら本を読みなさい」

と言われた経験はありませんか?

まこ
まこ
おそらく多くの人が、一度は言われた経験があると思います。

でもここで、一つの疑問が生じます。

本当に読書をすると国語ってできるようになるのでしょうか?

  • 読書が好きなのに、国語が全然できない…
  • 私は読書好きじゃないけど、国語の成績は良かったよ!
  • そもそも国語力と読書って、関係あるの?

このように思う人も、多いのではないでしょうか?

実は、「国語力」が思うように育たないと感じる方は、「読書」の仕方に問題があるのかもしれません。

この記事では、多くの人が抱いている疑問、「国語と読書の関係性」について詳しく解説していきたいと思います。

まこ
まこ
それでは、いってみよう!

 

30秒で解説!「国語力」とは何か?

「国語力」という言葉をよく聞くのですが、そもそも「国語力」とは何を指すものなのでしょうか?

 

「国語力」は、「読解力」と「表現力」の2種類で構成されます。

 

「読解力」は文章を理解する力、「表現力」は学んだ知識を使って表現する力です。

 

そしてこの「国語力」は「国語の知識」で支えられています。

図解
国語力についての説明

参考:(文部科学省 『これからの時代に求められている国語力について』 )

 

  • 「国語力」は、「読解力」と「表現力」の2種類で構成
  • 「読解力」は文章を理解する力、「表現力」は学んだ知識を使って表現する力

 

読書と国語力の関係性

では、ここからがいよいよ本題です。

 

国語力を伸ばすにあたって、読書が有効であるということは、文部科学省からも言われていることです。

 

果たして、国語力の育成に読書は本当に関係あるのでしょうか?

 

結論から言うと、国語力のアップに、読書は関係あります!

 

このように言うと、

読書が好きなのに国語ができない人がいるのはどう説明する?
ただ本を読むだけで国語力が本当に上がるのか?

と疑問をもたれる方もいると思います。

 

このように思っている方は、「国語力」、すなわち「読解力」がどうすれば育成されるのかという本質を見落としてしまっている可能性があります。

 

実は「国語力」(読解力)は、文章に沿ってきちんと読む訓練をした場合にはじめて身に着くのです。

 

つまり、「国語力」(読解力)を磨くためには、
文章に書いてあることを根拠に読む訓練が必要だと言うことです。

まこ
まこ
国語力をアップさせる読み方の工夫が必要ということだね!

 

読書が好きなのに国語が苦手な理由

  • 読書が好きなのに国語が苦手
  • 読書が好きで本をたくさん読むのに読解力がない

このようになってしまう原因は、読書をしているときに文章に沿って、根拠をもって読んでいないからです。

実は、「読書」と「国語的に読む」ということは全く別物ということを、皆さん知っていましたか?

まこ
まこ
普通に本を読んでいるときの読み方と、国語に必要な読み方は違うってこと?

「読書」をしているときの読み方

「読書」は、読んでいる人の自由な思考が可能なものです。

文章からどんなことを読みとり、どんなことを考えるのかは、読む人の自由です。

究極のところ、作者の意図と、読者の解釈がずれていたとしても問題ないわけです。

文学を読んだときなどは、登場人物の像を身近な誰かにあてはめてみたり、セリフから人物像を想像してみたりすることがあります。

「ここにこう書いてあるからこんな人物像」というように、論理立てて読み進める必要がないのです。

「なんとなく」というニュアンスで、自分の好きに解釈して読めるのが読書の特徴であり、それがの魅力でもあるのです。

 

「国語的」に読んでいるときの読み方

一方で、テストの文章問題のような「国語的に読む」ことが必要な場合には、文章に書かれていることから根拠をもって読み進めなくてはなりません。

 

「国語的に読む」というのは、文章から離れて、書かれていないことを想像してはいけないのです。

 

ですので、根拠をもって読むことに慣れていない人がテストを受けた際に、「文章の雰囲気からなんとなくこれ」と選んだ選択肢を間違えてしまうことはよくあることです。

 

「自由に読書をしていて国語力が伸びる」という勘違いが、「読書をしているはずなのに国語が苦手」という矛盾を生んでいるのです。

読書をする際に、意識的に文章に沿って読み進める努力をしている人しか、読書によって国語力を高めることはできない。

 

【余談】

教員時代、私は国語の授業を行う時に、生徒たちに文章を論理的に読解する(国語的に読む)力を身につけさせたくて、いつも「〇〇さんの今の意見は文章のどの記述を根拠に言っているのかな?」と聞き返していました。

すると、普段読書をしないような生徒でも、国語的に文章の中から根拠をもって読める生徒は、「〇〇ページ〇行目の○○○○…というところからです」とすぐに答えることができます。当然、そのような生徒は国語のテストの読解問題の点数もよいです。

反対に、いくら読書が好きでも、文章から根拠をもって考える癖がついていない生徒は、「なんとなく…」と答えたり、黙り込んでしまったりします。

まこ
まこ
このような時、私は「読書」と「国語的に読む」ことの違いを痛感させられたのです。
スポンサーリンク

国語力をアップさせる読書法

普通に読書をしていれば、語彙や言葉の使い方を覚えたり、読むスピードを上げたりといった、「国語力の基盤となる部分」は鍛えることができます。

 

ですがそれだけだと、国語の知識は増えても、読解力の育成にはつながりません。

 

読書によって「国語力」(読解力)そのものを高めたいのならば、読み方を工夫する必要があるのです。

 

私は目的によって読書法を変えることをおすすめします。

  1. 国語の知識をアップさせたい場合
  2. 読解力をアップさせたい場合
まこ
まこ
ひとつずつ解説していきますね!

① 国語の知識をアップさせたい場合

まずは、国語力(読解力)の基盤になる国語の知識を増やす読書法です。

読書を通して言葉の知識を増やしたいという人向けの読書法になりますね!

国語の知識をアップさせてい人の読書法 図解
国語の知識をアップさせたい場合の読書法

ここでのポイントは、自分の読めそうな本を継続して読み続けると言うことです。

慣れてきたら、本の内容を難しくしてもよいですが、はじめのうちは「読書を継続する習慣をつける」ことを目標にしてみてください。

気がついたときには、驚くほど言葉の知識がアップしていると思いますよ!

 

② 読解力をアップさせたい場合

次に、みなさまが「国語力」言った場合に考える「読解力」をアップさせたい場合の読書法です。

読解力をアップさせてい人の読書法 図解
読解力をアップさせたい場合の読書法

ここでのポイントは、読む本のジャンルと読み方です。

読む本は、実用書や新聞などの事実と筆者の考えで構成されている書物がおすすめです。

読むときには必ず、文章から離れずに、書かれている事だけを根拠をもって読む練習をしましょう。

筆者の意見が書かれている部分を読むときにも、「この意見の根拠はどこからきているのだろう」と文章の中を探す癖をつけてみてください。

このようにして読み続けると、文章に沿って「国語的に読む」ことがだんだんとできるようになり、「読解力」が身についてきます。

まとめ:正しい読書をすれば国語力は上がる

「国語力」は正しい読書をすれば上げることができます。

もし、今日まで「読書をしているのに国語力があがらないな」と感じている方は、ぜひ目的によって読書方法を変えてみてください。

国語力と読書には関係性がありますので、ぜひ読書法を工夫して、国語力のアップを実感してみてくださいね!

まこ
まこ
最後まで見ていただいてありがとうございました!