合格の秘訣

【何から始めるか悩んでいる人へ】教員採用試験の勉強の仕方

【何からはじめるか悩んでいる人へ】教員採用試験の勉強の仕方

これから教員採用試験の勉強をはじめるというみなさま!

教員採用試験の勉強って何から始めたらいいんだろう?
どこに力を入れて勉強したらいいんだろう?

採用試験の勉強を始めてはみたものの、このような悩みをもっている方は多いのではないでしょうか?

私も採用試験の勉強を始めた当初はこのような悩みをもっていました。

まこ
まこ
どれも重要そうに見えるし、とりあえず片っ端から全部力を入れて対策するしかないか…

こんな風に思った過去の私は、がむしゃらに知識を片っ端から入れて勉強を進めていたのですが、今思えばその必要はなかったなと感じます。

私は一度教員採用試験に不合格になり、その後合格した経験があります。

その過程で、「合格に必要なポイントを確実におさえながら対策できれば合格できる」ということに気がついたのです。

この記事では、教員採用試験の勉強をこれからはじめるという方に向けて、まずは何からどのように勉強を始めたらよいのかを徹底解説したいと思います!

【全国どの自治体を受験する人にも対応できる】ようにしてありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

まこ
まこ
合格目指して、これから一緒に頑張っていきましょう!

【勉強を始める前に知っておきたい!】教員採用試験合格のために力を入れるべきポイント

本題に入る前に、まずは教員採用試験の合格のために力を入れて対策すべきポイントを解説します。

教員採用試験では「あなたが教員としてふさわしいか」ということを、試験時間内にいかにアピールすることができるかが合格へのカギを握ります。

そして、「教員としてふさわしい」ということをアピールするためには、

次の2つのことが試験内で完璧にできている状態であることが重要です。

教員採用試験で見られるポイント

 

合格するためにいろいろ考えてしまいがちですが、

実は教員に必要な資質というものはとてもシンプルなのです。

教育に関する知識がきちんとあって、

面接やほかの受験者とのやりとりが問題なくできれば合格することができます

教員採用試験でアピールするべきポイント
  • 「教育に関する基礎的・基本的な知識」
  • 「教員としてふさわしいコミュニケーション能力」
まこ
まこ
「教育に関する基礎的・基本的な知識」「教員としてふさわしいコミュニケーション能力」を本番までに身に着けられるように対策していきます!

どこから勉強をしていけばいいの?

どこから勉強すればいいの?

教員採用試験の合格には、「基礎的」・基本的な知識」「教員としてふさわしいコミュニケーション能力」が備わっていることが大切です。

知識の定着にはある程度時間がかかります。

いきなり面接対策などの人物試験対策を行ってコミュニケーション能力をアップさせようとしても、

基本的な知識が備わっていなければスムーズに対策が進みません。

ですので、実際に教員採用試験対策をする際には、筆記試験→論作文対策→面接対策の順番で対策していくことを私はおすすめします!

教員採用試験の勉強の順番
  1. 筆記試験対策(知識の定着に時間がかかる。きちんと知識が身につかないと、人物試験対策ができない。)
  2. 論作文対策(文章を書く力はすぐには身につかない。筆記試験対策が進んできたら、同時進行で始めるのがおすすめ。)
  3. 面接対策(筆記試験・論作文の対策が生きる部分が多い。先に知識を定着させてからでも、話し方や伝え方は後からでも対策することができる。)

まずは知識を定着させるために筆記試験対策を優先させる。知識が定着してきたら、論作文対策→面接対策に進んでいくと効率的に対策できる。

スポンサーリンク

【何から始めるか悩んでいる人はまずはここから!】教員採用試験の勉強をスタートさせる手順

ここからは教員採用試験の勉強のとりかかりの手順を紹介します。

「教員採用試験の勉強を何からは始めたらよいのかわからない」という方は、まずはここからはじめてみてくださいね。

教員採用試験の勉強の仕方 手順
  1. 自治体ごとの試験スケジュールを確認する
  2. 過去問を解き、出題傾向をつかむ
  3. 勉強スケジュールを立てる
  4. 過去問でよく出題されていた問題や、難易度の高かった問題から順に勉強する

この4つのステップをふめばオッケーです。

まこ
まこ
それでは、1つずつ解説していきますね。

手順1:自治体ごとの試験スケジュールを確認する

教員採用試験は自治体ごとに試験問題が異なります。

まずは、自分の自治体ごとの試験スケジュールを確認してください

一次試験や二次試験の具体的な内容を確認し、優先的に勉強する順番を把握します。

優先順位のつけかたは

  • 教員採用試験の勉強は、一次試験の科目をまずは優先的に行う。
  • 二次試験対策は、一次試験が終わってから本腰を入れればよい。

これが基本です。

まこ
まこ
最初から全部の試験科目の対策をする必要はないです!一次試験突破にまずは全力を注ぎ、順番にやっていきましょう。

手順2:過去問を解き、出題傾向をつかむ

教員採用試験の勉強は、過去問を分析し、出題傾向を必ずつかんでから始めてください。

なぜなら、自治体ごとに試験問題には特色があり、それにしっかりと対応することが合格への近道となるからです。

問題の出題傾向をあまりつかまないまま、問題集片っ端から解いていても、本当に必要な部分の対策は手薄になってしまいます。

時間ももったいないですよね。

まずは、受験する自治体の過去問を2~3年分解いてみて、どのような問題が出るのかを把握し、それに合わせて対策をすることをおすすめします。

まこ
まこ
過去問の詳しい使い方については以下の記事をぜひご覧ください。
教員採用試験対策過去問の効果的な使い方
【知らなきゃ損!】教員採用試験対策過去問の効果的な使い方この記事では、教員採用試験の過去問の効果的な使い方を紹介しています!教員採用試験の過去問は、3つの場面に分けて使用すると効果的に使えるのです!気になった方は是非記事をご覧ください。...
教員採用試験の過去問の分析方法
【合格を左右する】教員採用試験の過去問の分析方法を解説教員採用試験の過去問の分析方法に関して解説しています。教員採用試験は、自分の受験する自治体に合わせて勉強することが一番大切です!この記事では、過去問を分析する上で見ておくべき観点を紹介しています!...

手順3:勉強スケジュールを立てる

過去問を分析したら、ざっくりとした勉強スケジュールを立てます。

教員採用試験の対策は、

勉強するポイントが分かっていれば最短4か月~長くても8か月くらいで十分対策可能だと思います。

 

教員採用試験の勉強で重要なのは、

自治体の試験の出題傾向に合わせて準備をすることですので、勉強量や期間はあまり関係ないです。

  1. 一次試験対策→二次試験対策
  2. 筆記試験対策→論作文対策→面接・場面指導・集団討論・模擬授業対策

この2つを念頭に置きながら、優先順位をつけてざっくりとした勉強スケジュールを立ててみましょう。

まこ
まこ
みなさまも、自分の自治体のスケジュールに合わせてスケジュールを立ててみてください。見通しが立つと安心して勉強ができますよ。

手順4:過去問でよく出題されていた問題や、難易度の高かった問題から順に勉強する

教員採用試験は、自治体の問題にどれだけ合わせて対策できたかが合格へのカギになります。

ですので、問題集を最初から順番に解くことはおすすめしません!

過去問でよく出題されていた問題(分野)難易度の高かった問題から順に対策し、

それらの問題が一通り解けたらその他の問題を解くようにすると効率よく勉強できます!

過去問を解く

答え合わせ

分からなかった箇所を問題集で勉強する

これを10年分ほど繰り替えすと、効率的に知識を吸収することができます

ある程度過去問を解いたら、苦手な分野や知識が不足している分野に絞って問題集を何回も解くといいと思います!

まこ
まこ
まずは過去問を軸に、勉強にとりかかっていくことをおすすめします!

また、教員採用試験の勉強をはじめるにあたって、どの問題集・参考書を使えばいいのかがわからないという方も多いと思います。

私が実際に使用しておすすめの問題集や参考書をご紹介した記事もありますので、ぜひご覧ください。

教員採用試験のおすすめの参考書2022
【これを買えば間違いなし】教員採用試験のおすすめの参考書2023教員採用試験の対策の時に、絶対に買って損はない参考書を紹介しています!20冊ほどの参考書を買って対策した経験をふまえ、教員採用試験の合格に本当に必要な参考書を厳選します!...

教員採用試験の勉強のポイント

勉強のポイント

教員採用試験対策を行うのであれば、合格できるようにポイントをおさえた対策をしていきたいものですよね。

まこ
まこ
ここからは、各科目の勉強ポイントをざっくりとご紹介します。

筆記試験対策の重点を置くべきポイント

筆記試験対策は教員採用試験対策の中で1番に力を入れてください。

筆記試験での出来が合格の7割くらいを決めるといっても過言ではないからです。

特に、小学校全科や自分の専門教科等の専門科目は重点的に勉強してください(実技試験も含む)。

その他、一般教養は苦手科目

教職教養は覚えるのに時間がかかる教育法規に時間を割いて勉強することをおすすめします。

まこ
まこ
筆記試験の詳しい対策法に関してはこちらの記事をご覧ください!
教員採用試験の筆記試験の対策法【一般教養・教職教養・専門教養一挙まとめ】
教員採用試験の筆記試験の勉強法【一般教養・教職教養・専門教養一挙まとめ】教員採用試験の筆記試験の対策法をまとめています。この記事を見れば、教職教養・一般教養・専門教養の対策を一気に知れるようになっていますので、是非ご覧ください。...

論作文対策の重点を置くべきポイント

論作文の対策で重要なのは

何を書くか」ではなく「どのように書くかです。

つまり、いかにして「説得力のある文章」を書けるかが重要です。

論作文の対策には、「説得力のある文章を書くための型」を試験当日までに徹底して叩き込むことが重要です。

論作文の基本的な型や、書き方に関するアドバイスに関してはこちらの記事をご覧ください。

【これさえ読めばすべてが分かる】教員採用試験の論作文の勉強法
【これさえ読めばすべてが分かる】教員採用試験の論作文の勉強法教員採用試験で合格できるような論作文を書くための勉強法について解説しています。論作文を書く上での基本の型や書き方のコツなど、論作文の勉強に必要な知識を一挙にまとめて公開!論作文の勉強に悩んでいた方は必見です!...
教員採用試験で新型コロナが論作文のテーマになった時の書き方
【模範解答例あり】教員採用試験で新型コロナが論作文のテーマになった時の書き方教員採用試験で新型コロナウイルスの話題がテーマに出た場合の書き方を、どこよりも詳しく分かりやすく解説しています。...

面接対策の重点を置くべきポイント

面接対策も論作文の対策に似ていて、

「何を話すか」というよりも「どのように話すか」が重要です。

自分の考えを端的に、分かりやすく、堂々と話す練習を積み重ねていくことが大切です。

また、話す内容は自分の体験談を根拠に話すことができると、より説得力が増します。

面接対策の基本を知りたい方や、合格のために重要なポイントを知りたい方は以下の記事もあわせてご覧ください。

教員採用試験の面接対策【質問例45選あり】
教員採用試験の面接対策【必ず聞かれる質問例45選あり】教員採用試験の面接試験の対策法や、実際に出題されやすい質問例45選を紹介しています。新型コロナに関連した質問例もあります。...
【受かる人は話し方が上手い】教員採用試験の面接・場面指導・集団討論の対策法
【受かる人は話し方が上手い】教員採用試験の面接・場面指導・集団討論の対策法教員採用試験の面接、場面指導、集団討論の対策法を一挙にご紹介します。合格を左右するポイントは「話し方」です。...
まこ
まこ
教員採用試験は、重点を置くべきポイントを確実に対策することが大事です!あれもこれもと手をつけると、本当に合格に必要なためのポイントを見失ってしまう可能性があります。教員採用試験の合格するポイントをまとめた記事もありますので、気になる方はご覧ください。
教員採用試験に合格するためのポイント4選
教員採用試験に受かるには?合格のために本当に大事な4つのポイント教員採用試験に合格するために本当に気をつけるべきポイントを厳選して4つ紹介しています。合格を着実につかむために絶対に外してはいけないポイントに絞っていますので、気になる方はぜひご覧ください!...
スポンサーリンク

最後に

教員採用試験の勉強は、勉強するべきポイントを正しく理解し、計画的に行うことが重要です。

長期間にわたって、試験で出そうなところを全て勉強すれば合格できるというわけではありません。

ですので、ぜひポイントを絞って効率的に行うことをおすすめします!

この記事のまとめ
  • 教員採用試験で見られるものは、あなたが教員として「ふさわしいか」
  • 教員採用試験は、「基礎的・基本的な知識」と「教員としてふさわしいコミュニケーション力」を備えるべし!
  • 教員採用試験の勉強は、ポイントを絞り、計画的に行うことが最も重要!
  • 筆記試験対策→論作文対策→面接対策の順に行うと、効率的にかつ重要なポイントを落とさずに対策できる!
  • まずは過去問を解き、出題頻度が高い問題や難しい問題から順に対策していくことがおすすめ!
まこ
まこ
最後まで見ていただいて、ありがとうございました!
教員採用試験のおすすめの参考書2022
【これを買えば間違いなし】教員採用試験のおすすめの参考書2023教員採用試験の対策の時に、絶対に買って損はない参考書を紹介しています!20冊ほどの参考書を買って対策した経験をふまえ、教員採用試験の合格に本当に必要な参考書を厳選します!...
教員採用試験の筆記試験の対策法【一般教養・教職教養・専門教養一挙まとめ】
教員採用試験の筆記試験の勉強法【一般教養・教職教養・専門教養一挙まとめ】教員採用試験の筆記試験の対策法をまとめています。この記事を見れば、教職教養・一般教養・専門教養の対策を一気に知れるようになっていますので、是非ご覧ください。...
教員採用試験の志望動機の書き方
【恩師とのエピソードはNG】教員採用試験の志望動機の書き方教員採用試験の志望動機の書き方が分からないという方に向けて、合格するような教員採用試験の志望動機のポイントを紹介します。...