教員採用試験

【教員採用試験不合格】私立の講師になる選択はおすすめです

【教員採用試験不合格】私立の講師になる選択はおすすめです

この記事では、公立学校の教員採用試験に不合格になった後、私立の講師になるのはおすすめの理由と、私立の講師になる具体的な方法について解説します!

教員採用試験に不合格になった後って、どのような選択肢を今後選んでいけばいいのか迷いますよね。

「私立の講師になる」という選択肢があるのはぼんやりと聞いてはいるけれども、具体的にどうやってなればいいのか、また私立の講師になるのはメリットがあるのかなど気になる方も多いのではなないでしょうか。

私は教員採用試験に不合格になった後、私立の常勤講師になるという選択をしましたが、そのときは自分の周りにもネットにも参考になる人がおらず、不安になったことを覚えています。

しかし結論から言うと、私は教員採用試験に不合格になった後、私立の講師になってよかったと思っています。その後私立講師をしながらもう一度公立の教員採用試験を受けて合格しましたが、私立学校で学んだ経験は財産になりました。

この記事では、教員採用試験不合格後に私立の講師になることがおすすめの理由と、私立の講師になる具体的な方法について詳しくお伝えしていきます!

私立教員になるには?具体的な方法を経験者が詳しく解説!
私立教員になるには?具体的な方法を経験者が詳しく解説!この記事では、私立教員になるにはどうすればいいのか、具体的な方法を詳しく解説しています。実際に私立教員だった体験も踏まえながら、私立教員の意外と知らない疑問について丁寧にお教えしていきます。...
まこ
まこ
それでは、いってみよう!

【教員採用試験近辺の私の簡単な経歴】

  • 大学4年生  教員採用試験不合格(人生一の大挫折)
  • 社会人1年目 私立中学校で常勤講師として勤務(副担任・部活動副顧問)。私立中学校に勤めながら2度目の公立教員採用試験に合格
  • 社会人2年目 公立中学校に正式に採用(担任・部活動顧問)

教員採用試験に不合格になったら私立の講師になるのがおすすめの理由

教員採用試験に不合格になったら私立の講師になるのがおすすめの理由

教員採用試験に不合格になった後の選択肢はいくつかあると思いますが、私は私立の講師になることをおすすめします。

理由は以下の通りです。

私立の講師がおすすめの理由
  1. 公立学校とは違う場所で教員としての経験を積める
  2. いきなり担任をもつケースが少ない
  3. そのまま私立学校に勤めたければ、何年か勤めたら専任教員として採用される
  4. (小学校や中学校の場合は特に)勉強に意欲のある子どもたちに教えることができる
  5. 公立学校に比べて形式的な書類や研修が少ない場合が多い
  6. 勉強時間の確保がしやすい
まこ
まこ
一つずつ詳しく説明していきますね。

①公立学校とは違う場所で教員としての経験を積める

正直に言って私は公立の教員採用試験に不合格になった時、ショックが大きすぎて一回公立学校の世界からは離れたいな…と思いました。

でも教員としての経験は積んでみたかったですし、せっかく教員として働くために勉強してきたわけですから、現場での仕事はしてみたいという思いはありました。

私立学校ならば公立学校とは全然別世界ですので知っている人もいませんでしたし、新たにリセットするつもりで教員生活をスタートさせることができました。

中学校で常勤講師として副担任や部活動の副顧問になり、新人として基本的なことをじっくりと学べた気がします。

②いきなり担任をもつケースが少ない

公立学校では、常勤講師の場合には担任をもつケースが多いです。

実際に私が公立教員として正式に採用されたとき、常勤講師で担任をもっている方もたくさんいました。(当然業務量は正規の教員と一緒)

新卒で公立で常勤講師をする場合、いきなり担任をもって実戦へ!というのも全然ありえるので、もしも教員採用試験再トライのための勉強をしながらとなると時間的にも厳しいものになるのではないかと感じました。

一方私立の場合には、基本的に講師から始まって数年経験を積むと専任として採用というパターンが多いので、講師の間には担任をもつパターンが少ないです。

教員採用試験のための勉強時間を確保したい方や、しっかりと教員として経験を積んでから担任をもちたいという方は、私立での講師をおすすめしますね。

③そのまま私立学校に勤めたければ、何年か勤めたら専任教員として採用される

私立学校は、講師として最初は採用され、数年経験を積んで専任になるというパターンが一般的です。

つまり、順調に講師経験を数年積めば将来的には専任教員になれるのです。

公立の教員採用試験に不合格だったころの私は、この未来が確約されたような私立の講師のシステムがとても魅力的に感じたのです。

実際に、公立学校は何年講師を勤めても採用試験に合格しない限りは正式に教員として採用されません。

「講師経験が確実に専任教員としての道へとつながる方がいい」という方は、私立の講師になる選択も考えてみてもよいかもしれません。

④(小学校や中学校の場合は特に)勉強に意欲のある子どもたちに教えることができる

私立の講師として小学校や中学校に採用された場合、お受験を経て入学してきた子どもたちを教えることになると思います。

実際に私も私立中学校の常勤講師だったのでお受験をして入学してきた生徒たちに対して授業をしていたのですが、学習意欲が高い子どもたちとの授業はとても楽しかったです。

まこ
まこ
こちらの予想の上を行く考えが出た時は、授業をする楽しさを一層感じました!教員をする醍醐味ですね。

授業の中でも思考の深まりや意見の活性化していく様子が日々感じられて、教員としてのやりがいを感じました。

⑤公立学校に比べて形式的な書類や研修が少ない場合が多い

私立学校から公立学校に異動した時、初めの頃は書類や研修の量の差に驚きました。

公立学校は公教育なので、いろいろと定められた書類や研修が多いのです。(常勤講師の先生も)

その点私立学校は学校ごとに制度や手続きを決めているので、こまごまとした書類や研修が圧倒的に少なかったです。

私としては事務処理が減った分、授業の準備や生徒との交流の時間が増えたのでとてもいいなと感じました

私の知り合いで公立学校と私立学校を経験した先生にも話を聞きましたが、私立学校の書類や研修の量の方が圧倒的に少なかったと言っていました(笑)

授業の準備や教員採用試験の勉強時間を増やしたいという方は、私立での講師の方がいいかもしれませんね。

 

⑥勉強時間の確保がしやすい

私立で講師になる場合、いきなり担任をもつというケースが少ないため、その分担任をもってバリバリやるよりも時間的な余裕が生まれやすいです。

ここだけのうら話

また、これは私のいた私立中学校のうら話になりますが、長期休みの間の勤務時間が休日出勤の扱いになっていました。

具体的に言うと、8:00~12:00が休日出勤の場合の定時だったので、12時以降の勤務はサービス残業の扱いになってました。

まこ
まこ
入った当初は長期休みの間に時間が確保できるとも思ってなかったので、めちゃめちゃ得した気分になりました。

ですので私は、夏休み期間の午後は部活の指導がない場合には基本的に早く家に帰り、教員採用試験の勉強をすることができていました。

公立学校の場合には一律で勤務時間が8:00~16:30になっているので勤務時間が学校によって違うということは考えられないのですが、私立学校の場合には長期休みの間の勤務時間が短くなっている場合もあります。

まこ
まこ
長期休みの間と普段の日とで勤務時間に差があるかは入ってみないと分からないですが、私立学校の方が学校ごとに時間の融通が利かせやすいというのは事実です。また、長期休みの勤務時間が短くならないにしても、副担任や副顧問などの立場なら時間の余裕も生まれやすいので、勉強時間を確保するにはよいと思います。

教員採用試験不合格の発表の後からでも、私立の講師になるのは間に合うのか?

教員採用試験不合格の発表の後からでも、私立の講師になるのは間に合うのか?
私立の講師に興味あるけど、公立の教員採用試験の合格発表の後からでも間に合うの?
公立の採用試験の勉強しかしてこなかったけど、私立の採用試験は大丈夫なの?

このように、公立の採用試験の発表がある10月からでも私立の講師になれるのか疑問をもっている方は多いと思います。

結論から言うと、公立の教員採用試験不合格後からでも、私立の講師になるのは全然間に合います!

実際に私も、公立の採用試験に不合格になった後から私立学校の教員募集を探し始めて試験を受けに行きました。

勉強は公立の教員採用試験で勉強していた基礎があったので、試験科目に合わせて少し復習するくらいでしたが、無事に採用されました!

私立教員の具体的ななり方や、対策方法に関してはこちらの記事に詳しく書いてあるので、ぜひ一緒にご覧ください。↓↓↓

まこ
まこ
私立の講師を目指すのは、公立の教員採用試験の後からでも決して遅くありません!選択肢のひとつとして私立の講師も入れておくと安心かもしれませんね。
スポンサーリンク

私立の講師から公立の教員採用試験に再チャレンジして不利にならないか?

私立の講師に興味があってなりたいけど、公立の教員になるのもあきらめきれない…私立で講師をしながら公立の教員採用試験を受けて不利にならないかな?

私立で講師になってそのまま私立教員として生きていくのもいいですが、公立の教員採用試験に再度チャレンジしてみたいという方もいるでしょう。

「私立から公立に行くのって不利にならないかな?」と不安になる方も多いと思いますが、大丈夫です!私立で講師をしながらでも公立の教員採用試験に合格することはできます。

まこ
まこ
実際に私も私立中学で講師をしながら受験した公立の教員採用試験に合格することができました。

面接では確かに私立学校に勤めていることを珍しく思われてたくさん質問されましたが、むしろ印象に残りやすくプラスに働いたと思っています。

教員としての経験を積んでいることは私立でも公立でも変わらないので、経験したことを武器にして試験に臨むことができましたよ。

まとめ

この記事では、教員採用試験に不合格になった後、私立の講師になることはおすすめかどうかについて解説しました。

実際に私は私立で常勤講師を経験してから公立の学校に正式に採用されましたが、私立で経験を積めてよかったと思っています。

公立だけではなく私立の学校も知れたことで、学校ごとの雰囲気の違いや職場環境の違いも味わことができました。

「教員として働く」というのは公立も私立も変わらず同じなので、教員としての自信ややりがいも、私立での講師経験で培うことができました。

この記事を読んで私立の講師に少しでも興味を持ってくれる方が増えればうれしいです。

「私立で講師経験を積む」という選択肢もぜひ加えてみてください。

まこ
まこ
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
私立教員になるには?具体的な方法を経験者が詳しく解説!
私立教員になるには?具体的な方法を経験者が詳しく解説!この記事では、私立教員になるにはどうすればいいのか、具体的な方法を詳しく解説しています。実際に私立教員だった体験も踏まえながら、私立教員の意外と知らない疑問について丁寧にお教えしていきます。...
私立教員のメリットデメリット【公立教員の場合と比較】
経験談!私立教員のメリットデメリット【公立教員の場合と比較】私立教員のメリット・デメリットを、公立教員と比較しながら解説しています。公立教員と私立教員の両方を経験した視点から、正直な意見でまとめました。...
教員採用試験に不合格になってつらい思いをしている方へ
【気にする必要なし】教員採用試験に不合格になってつらい思いをしている方へ教員採用試験に不合格になってしまいつらい思いをしている方に向けた記事です。不合格経験者の私が、当時の心境を振り返りながら、全力で励まします!...