中学生 塾

【行くべきか悩んでいる方必見】中学生に塾は必要?元教員が解説

【行くべきか悩んでいる方必見】中学生に塾は必要?元教員が解説

この記事では、中学生に塾は必要か?という話題について元中学教員の立場からお話します。

この記事を書いた人
まこ
まこ
元中学校国語教員。公立中学校と私立中学校での勤務経験あり。大学時代には塾で4年間アルバイトをしていました。

中学生に本当に役立つ勉強の知識をわかりやすくお届けします!

お子さまが中学校に入ると、「うちの子塾に入れたほうがいいのかな?」と悩むタイミングがありますよね。

定期テストの点数が思ったよりも良くない…このままで大丈夫かな?
今のままの勉強で高校受験は大丈夫なのかな?
周りの子はみんな塾に行っているみたい。うちの子も行かせるべき?

このように悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

実は、塾というのは行けばどんな子でも成績が上がる場所ではありません。

この記事では、塾に入って伸びる子はどんな子か?中学生は塾に行く必要があるのかなど、

中学生にとっての塾の必要性について、元中学校教員目線からお話しできればと思います。

まこ
まこ
子どもたちを実際に教えていた時に感じていたことも含め、本音で書いていきます!

中学生は塾に行く必要ある?

中学生は塾に行く必要ある?

結論から言うと、中学生になったからといって、全員が塾に入る必要はないと私は思います。

なぜなら、塾の効果は、学校の宿題やテスト勉強がきちんとできていて学習習慣も身についている子が通ってこそはじめて発揮されるものだからです。

塾は、学校の勉強とは違い、点数を上げることや高校受験対策に特化して勉強をする場所です。学習スピードも学校より早く、課題も多く出ます。

ですので、ある程度学習習慣がある子でないとついていけず、塾が合わないということになりかねないんですよね。

よくあるのが、

  • 成績が上がらないから
  • 勉強を全くしない
  • やる気がない
  • 周りの子が行っているから

こういった理由で「とりあえず塾に入れる」というケースですが、学習の習慣が身についていない段階での塾は、私はよく検討したほうがいいのではないかと思います。

勉強に苦手意志があったり学習習慣が身についていなかったりすると、塾に入っても課題に追われるだけで、かえって勉強が嫌いになってしまう可能性が高いからです。

まこ
まこ
塾は結構お金がかかってきます。ですので、塾に通って効果が出るほどの学習習慣がすでに身についているのかをまずは確認することをおすすめします。

塾に入って効果が出るのは、すでに学習習慣が身についていてさらにレベルアップしていきたい子。

 

今の時代は、塾以外にも勉強できる手段がたくさんある

今の時代は、塾以外にも勉強できる手段がたくさんある

少し前までは、高校受験対策や成績を上げるための勉強をするには、塾くらいしか手段がなかったと思います。

しかし、今は技術の発展によって、youtubeの勉強動画通信教育(タブレット学習)オンライン家庭教師など、様々な手段があります。

つまり、本人に勉強しようという気持ちさえあれば、どんな手段でも、どこででも勉強ができるというわけです。

ですので、中学生になったら必ずしも塾に行かないと勉強ができないということは絶対にないと思います。

塾を検討する際は、自分が塾に入っても成長できるような学習基盤がすでに整っているか、よく確認してから入会するのをおすすめしますね。

 

スポンサーリンク

中学生が塾に入る前に確認しておくべき2つのこと

中学生が塾に入る前に確認しておくべき2つのこと

塾に入る前に、以下の2つのポイントはできているか確認しておくといいでしょう。

①学校の宿題やワークが解けているか?

中学校に入って「成績が上がらない」「勉強についていけない」「分からないところが多い」

このようになってしまう子は、そもそも学校で出された宿題だけでも終わらせることが厳しくなっている場合が多いです。

まこ
まこ
中学校は、5教科それぞれに宿題が出ます。小学校のころとは違って各教科で宿題がたくさん出るので、そのギャップに戸惑う子も多いんですよね。

学校の宿題だけでも大変な子に、さらに塾での宿題も…となったらどうなってしまうでしょう?結果は見えていると思います。

学習の積み重なりのイメージ

学校の宿題を基盤に、学校のワークでの学習、その上に塾での学習が積み重なっていく

学習の積み重なりのイメージ

学習の積み重なりのイメージは上の図のようになります。

つまり、学校での学習の基礎がグラグラの状態だと、塾の学習も積みあがっていかないということです。

まこ
まこ
当然学校の宿題やワークができていない状態で塾に入っても、成績が上がらず、通う本人も勉強が嫌いになってしまいます。結果的に苦手やつまづきの根本的な部分を解決できないまま、退塾することにもつながります。

ですので、塾に通うか迷っている方は、まずはお子さまが学校の宿題や教材にしっかり取り組めているかを確認することをおすすめします。

 

②学習のつまづきの原因を考えたか?

「とにかく成績を上げたい」「勉強しない」「やる気がない」はただ塾に入っただけでは解決しない

「とにかく成績を上げたい」「勉強にやる気が出ない」「家だと勉強しない」

このように、勉強に何らかのつまづきがあるとき、多くの人は塾に入ることで問題を解決しようとします。

しかし、それでは根本的な解決にはならないんですよね。

大事なのは、つまづいている原因は何かを把握することです。

根本の原因を突きとめないことには、本当に塾に入ることが最善の手段なのかすら判断できません。

私が見てきたところ、中学生の勉強のつまづきの多くは

「理解できないところが多い」
「分からないところが多く、どこから手をつけたらいいのかわからない」
「勉強の手順が分からない」

など、「わからない」ことが問題の根本にある場合がほとんどです。

分からない部分が多いときには、分からない箇所に何度も戻って繰り返し繰り返し問題を解く学習が一番効果的です。

だから塾のようなどんどん新しい単元に進み、問題演習を重ねていく学習は必ずしも効果が出るとは限らないのです。

ですので、塾に入るか考えるときには、今悩んでいる問題の根本の原因は何かをよく考えることが大切です。

その原因を、塾に入ることで本当に解決できるのか、冷静に分析してみましょう。

 

塾は学校の勉強の先にあるもの

塾なしでも効果的に勉強することはできる!よく、塾に入ること自体が目的になり、塾に入るだけで安心してしまう人がいます。

しかし本来中学校の勉強は、塾に通わなくても学校のワークや宿題をしっかり行っていれば、ある程度できるようになっています。

例えば学校の定期テストで点数をとりたい場合には、学校の教材をとことんやるだけでも結果が変わってきます。(定期テストは学校の教材をベースにつくるから)

ですので、現状で勉強にお悩みを抱えている場合には、まずは学校の教材にとことん取り組むことで解決できないかを考えることが大切だと思います。

また、勉強のお悩みを抱えている場合、最初からいきなり塾に入るのではなく、通信教育を検討してみるのも一つの手だと思います。

通信教育の場合、金額も塾よりもかなり安くおさえられますし、学年をさかのぼったり、苦手なところを繰り返し学習したりを自分のペースでできます。

成績が思うように上がらない子や、苦手が多い子の学習は、実は塾に入るよりも通信教育の方がやりやすいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

この記事では、「中学生に塾は必要か?」という疑問について、元中学校教員の視点から意見を述べました。

塾はすでに学習習慣がついていて、さらにレベルアップをしていきたい子が通うと効果を発揮する場です。

塾はあくまでも学校の勉強の延長線上にあるもの。

周りが入っているから…と安易に決めるのではなく、まずは学校の宿題や教材がきちんと行えているのかを確認することをおすすめします。

本人に塾に通う目的や意志がない場合は、無理して通う必要もありません。(通ったとしても結局続かなくなってしまうので)

塾が必要か迷う際には、ぜひ親子で、日ごろの学校の学習状況や塾に通う目的を整理してから判断してみてくださいね。

【元中学校教員が厳選】高校受験におすすめの通信教育3選
【元中学校教員が厳選】塾なし高校受験におすすめの通信教育3選この記事では、塾なし高校受験におすすめの通信教育を、元中学校教員の視点から厳選して3つご紹介します。高校受験向きの通信教育を探しているけど、種類が多くて悩んでいる方はいませんか?実は、通信教育は教材レベルや特徴がそれぞれ異なってきます。この記事を読めば、お子様にぴったりの高校受験向きの通信教育がわかります。...
合うものが必ず見つかる!中学生に本当におすすめの通信教育6選
【元教員が本気で厳選!】中学生に本当におすすめの通信教育6選中学生向き通信教育って、たくさんあってどれを選ぶべきか迷ってしまいますよね。この記事では、元中学教員の視点からおすすめの通信教育をご紹介します。通信教育のメリット、選び方、目的・悩み別のおすすめの通信教育など、中学生向き通信教育についてはこの記事を見ればすべてわかるようになっています。...
【元教員解説】中学生が定期テストで点数を取れない理由は2つ!対処法も紹介
【元教員解説】中学生が定期テストで点数を取れない理由は2つ!対処法も紹介「定期テストで点数が取れない」「勉強しているはずなのに点数が伸びない」このように悩んでいる方はいませんか?実は定期テストで点数が取れないのはたった2つの理由が原因なのです。この記事では、点数が取れない原因を対処方法を説明していきます。...